SECHS1小説(短篇・前後篇) | チームSECHS!

SECHS1★短篇小説〜夕焼け。

0

    『夕焼け』

     

     

     SECHSハウスの近くの浜辺。

     

    夕焼けの中、オリビアはテオルと共に砂浜を歩いている。

    まだ十九歳前の彼は、金の髪を無造作に短くしていた。

    黒いジャケットを羽織り、黒のトップスにジーンズ姿だ。

    砂に埋もれることなく、しっかりとした足取りではあるが、どこか力が抜けているようにも見えた。

     

    その半歩後ろを、テオル。こちらは長い銀の髪を一直線に切り揃え、白でまとめた衣服を着ている。

    裾の長い白のコートに砂一粒も付いては居ない。

    よどみのない足取りで、オリビアの傍にぴったりとついている。

     

    もうすぐ秋の季節になろうとしているが、

    SECHSの拠点のあるこのレガント星のスウェード地方は、一年を通して温暖な気候であるため、

    あまり寒暖差を感じさせなかった。

     

    それでも空は秋の様子を伺わせ、雲が舞い踊っている。

    まだ青空が見える所もあるが、いわし雲と海面が、レイ(六惑星を照らす熱源体)に照らされ、

    赤く染まっている。海はどこまでいっても穏やかで、波音を空へ向けて静かに響かせていた。

     

    その海を見ながら、オリビアは足を止めた。

    立ち止まり、身体はそのままで首だけを横に向け海を見た。

     

    「……」

    テオルからはオリビアの顔を見ることは出来なかったが、

    その瞳の先を見つめるかのように、またテオルも海に目をやった。

     

    「静かだ…」

    「本当に」

     

    今度は身体を向けて、オリビアは息を吐いた。

     

    「…こんなにも静かであるのにな…」

    「……」

    テオルにはオリビアの心が分かっていた。この海の静けさとはオリビアの心が異なっていることも。

     

    「ふ……赤く燃える炎のようだ。あの時の様に」

    「マスター」

    テオルはオリビアの事をそう呼ぶ。

    昔からだ。自分がオリビアの守護をしていることをわきまえている。

    オリビアが自分の主であると共に。

     

    「あの時の様だとは私は思いません」

     

    オリビアが何も言わないのを知っていて、テオルは続ける。

     

    「あの時の恐怖と不安は、今ここにはないのですから」

    「……」

    「そして今はまだ、その時でもありません」

     

    テオルはそれ以上は言うつもりが無い様で、オリビアの横顔を見つめた。

     

    「あの男を……」

    「勿論です」

    オリビアもまた、それ以上は口にすることは無く、そのまま静かに瞳を海から空へと向けた。

    真っ赤に。燃えるような赤い空は、あの時を思い出す。

     

    目を閉じると、その光景がありありと浮かんでくる。

     

    オリビアはあえてそうすることを避けた。

    今、この静けさを、時にはほんのひと時、自分に許されるような気がして。

    だがすぐその気持ちは消え去った。

     

     

    「……まだ感傷に浸るには早すぎる…」

    オリビアは独り言ちた。テオルは肯定も否定もしない。

    ありのままのオリビアをただ受け入れるだけだ。

     

     

     

    先ほどより少しレイが沈みつつある。もうすぐ世界も夕闇に支配されるだろう。

    そんな時、一人の女の子の声が聞こえてきた。

     

    「オリビアー!テオル―!」

    「にゃん!」

     

     

    オリビアが見ると、黒髪を腰まで伸ばした少女が、愛猫のクロと一緒に走って来ていた。

     

    「二人とも、お夕飯だよー!早くー!」

    少女は途中、砂に足を取られそうになり、転びかけ、また走り出す。

    クロはその周りを泣きながら、高く飛んだり跳ねたりしている。

     

     

     

    「…不思議だ。今の状況もそうだが…そうは思わないか?」

    「ええ…ですがあの娘は」

    「ああ。だがかまわない」

    オリビアとテオルの言葉は少女には届いていない。

    ぴょんぴょん飛びながら、駆けてくる。そうして二人の前までやって来た。

     

     

     

    「お夕飯だよ!」

    「ああ。…紅、砂まみれだな」

    「あー!本当だ!」

     

    紅は自分の姿を観ようとくるくる回っている。

    一緒にクロも回りだす。そんな紅の頭を、オリビアはよしよしと撫でた。

    「えへへ」

    紅はにんまりとした。

     

    「行こう」

    「うん!」

    オリビアはまた歩き出した。

    テオルもその半歩後ろを再び歩く。

    紅は少し遅れたものの、早歩きをしてオリビアの隣に並び、

    今日のディナーのメニューを口早に話していく。

     

    「ね!美味しそうでしょ?」

    「そうだな」

    それを聞いて、紅はオリビアとテオルに早く早くと、急かしている。

     

     

     

    オリビアはもう夕焼けの方には目を向けなかった。

     

    夕焼けを見ても、見なくても、今はまだあの時のことを忘れることは無いのだから。

     

     

     

     

    F顳

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:創作活動

    JUGEMテーマ:ショート・ショート

    JUGEMテーマ:短編小説

    JUGEMテーマ:今日のこと

    JUGEMテーマ:今日のつぶやき

    JUGEMテーマ:ファンタジー小説

     

     

     


    SECHS★短篇小説〜君と僕1。

    0

       

       

      すがすがしい、朝。
       
      梅雨の季節の合間に見る、晴れ間。
       
      少しの雲がゆっくりと空を流れている。
       
      子供達はもう夏の装いで、外で元気に遊んでいる。
       

      待ち合わせの時間。
       
      ふと、1人の少年は今日の遊び相手の事を思った。
       
      少年――聖架は、少し気が早やっている。
       
      梅雨独特の蒸し暑さも相まって、少し顔も汗ばみ始めた。
       
      相手はいつも学校で顔を見ている相手だ。
       
      その子の笑顔を思うだけで、自然と胸が高鳴った。
       
      教室では窓際に席がある、
      その子の綺麗な癖のないさらさらの黒髪が風に揺れている様。

       
      集中して授業を聞き、ノートにペンを走らせる。
       
      聖架はその子より、少し右斜め後ろの席。
       
      先生の話を聞くよりも多く、その子を見つめている。
       
      そのせいだろうか。
       
      周りにはやし立てられてしまい、その子とも少し距離が出来てしまった。

       

      気にしていなければいいけれど。

       

      そんな風に思い、待ち時間を過ごす。

      待ち合わせの15分前。

      それでも、少し自分のせいでと、申し訳なくも思った。

      視界が狭まりそうだと、視線を広げた。
       
      ふと。
       
      目にとまったのは、いつもの通りの花屋さん。
       
      花は好きだった。
       
      双子の妹が、よく花を食卓のテーブルに飾っている。
       
      いつも食事の時は、いい香りがしているのだ。
       
      聖架は、思うがより早く行動を起こしていた。





       
      「おはよう!聖架!」
      「おはよう!涼!」
      「ごめん、待った?」
      「ううん。全然」

       
      待ち合わせ5分前。
       
      聖架は、涼がちゃんと待ち合わせ場所に来てくれただけで嬉しかった。
       
      自然と笑顔になった。
       
      君に会えただけでも、今日が最高の1日になることを予感していた。

      「はい」
      「花?」

       
      聖架はそっと、涼に薔薇一輪を差し出した。
       
      「どうしたの?」
      「涼にプレゼント」
      「ええ?俺、今日誕生日じゃないよ?」
      「涼にプレゼントしたくなったんだよ」
      「変な聖架。ありがとう」

       
      涼はくすくす笑い、聖架からの花を受け取った。
       
      「いい香りだね」
      「うん」

       
      聖架はさらに優しい笑顔になった。
       
      「じゃ、行こうか」
      「うん!」

       
      今日は久しぶりの2人きり。


      さあ、どこへ出かけようか?





      END


       

       

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:絵・イラスト・挿絵

      JUGEMテーマ:創作イラスト

      JUGEMテーマ:イラスト

      JUGEMテーマ:今日のこと

      JUGEMテーマ:今日のつぶやき

      JUGEMテーマ:芸術

      JUGEMテーマ:スケッチ

      JUGEMテーマ:illustration

      JUGEMテーマ:イラスト、、★

      JUGEMテーマ:短編小説

      JUGEMテーマ:創作活動

      JUGEMテーマ:ショート・ショート

       


      SECHS1★短篇小説〜女同士2。

      0

         

         

         

         

         

         

         

         

        レガント星にあるSECHSハウスのリビングで、
        黒髪の紅と栗色の髪のレディアが何か話をしている。

         
        「うん、良い感じだわ」
        話しながら鏡の前で、レディアは紅に赤の金糸の入った布を合わせていた。
         
        「この間の任務で服が破れちゃったから…。次は気を付けたいな」
        「本当にそう」
        破れた紅の衣類を床に広げており、次はこうはならないようにと繕うつもりだ。
         
        「アルガン織のこの布だと、とても丈夫だから、次は大丈夫だと思うわ」
        「ホント?」
        「ええ、この辺りの地域で売られている中ではいい物だ…ってレッチェが言ってたわ」
        「あはは、なら心配いらないね」
        衣服や布を出かける先々で仕入れてくる、
        レッチェはギルドSECHSの女子2人にも評判が良かった。

         
        「それにしても、最近レガント星で色々な魔物を見るようになったよね」
        「そうね。そう言われると、近くのサイフォンの街の周辺はのどかなものね」
        「うん」
        レディアは紅に、そっとアルガン織の布をまとわせる。
        くすぐったいのか、紅は身じろぎしつつも、その優しい手にくすぐったい思いだった。

         
        「動いちゃダメよ?紅」
        「えへへ、でもくすぐったくって」

         
        ころころ笑う紅から、苦戦しつつもイメージが浮いたようなレディア。
        「よーし!頑張るわよー!」
        「ホント!」
        「ええ!でもそうは言ってもお裁縫あんまり得意じゃないのよ」
        「ええー!?でもボク、レディアを信じるよ!」
        「ふふ。任せて」

         
        さっそく裁縫の用意をし始めるレディア、その彼女の横を嬉しそうに紅はついていく。
         
        「レディアちゃんって…」
        「なあに?」
        「ううん…何でもない」
        少し照れて、紅は自分の兄姉の事を想った。
        母違いの彼ら、彼女らは紅に興味を示してはあまりくれない。
        歳がばらばらという事もあるかもしれなかったが。
        レディアは、そう彼らとは違う。

        「レディアちゃん…」
        「ん?」
        「……えへへ」
        そんな照れ笑いをする紅を見て、レディアは微笑ましく思った。




         
        そして一時が過ぎた……。
         
        「……………レディアちゃん」
        「うーん。どこが悪かったのかしら?」
        出来上がった服。服とっていいモノかはわからないが、が出来上がった。
        「…そうねえ………」
        うーんと悩むレディア。
        「……ボク、やっぱりレッチェに作ってもらおうかな…」
        「そうねえ……」
        「……」

        「もう一回作り直そうかしら…」
        「え!」
        「ね?」

        その提案は飲むべきか飲まざるべきか。

         
        紅は少し考えたが。
        「じゃあ…」
        「任せて!」
        にっこりレディアは再び、糸を通していく。
        少し心配したが、紅は自分のために服を仕立ててくれるレディアが、
        本当の姉の様で、嬉しかった。
        服の出来栄えは別として…。




        END
         

         

         

         

        __________

        ⋆あとがき⋆
         

         

        女同士第2弾です(*´▽`*)
         

         

        紅とレディアちゃん、本当の姉妹みたいに。

         

         

         

         


         

         


         

         

        JUGEMテーマ:今日のこと

        JUGEMテーマ:今日のつぶやき

        JUGEMテーマ:イラスト、、★

        JUGEMテーマ:絵・イラスト・挿絵

        JUGEMテーマ:ファンタジー小説

        JUGEMテーマ:創作イラスト

        JUGEMテーマ:イラスト

        JUGEMテーマ:芸術

        JUGEMテーマ:スケッチ

        JUGEMテーマ:創作活動

        JUGEMテーマ:illustration

        JUGEMテーマ:短編小説

        JUGEMテーマ:ショート・ショート
         

         

         

         

         

         


        SECHS1★短篇小説〜女同士1。

        0



           
          SEHCSハウスのリビングで、珍しく女の子4人が集まっている。
           
          「んー、のんびりできる休日っていいわよね〜」
           
          栗色のウェーブした髪を広げたレディアはリビングの一番大きなソファに寝転んで、
          黒猫のクロを撫でている。

           
          「ふふ、みなさんいつもお忙しそうですものね」
          ラベンダー色の髪をふわっとゆらし、アリアは微笑んだ。

           
          「そうだよね。ホント忙しすぎて全然相手してくれないもの」
          黒髪ショートの女の子、あずみはすんと鼻を鳴らした。

           
          「?誰が相手してくれないの?あずみちゃん」

          少しクセっ毛のある黒いロングヘア―の紅は、
          クロの傍に寄り添い、ナチュラルに聞き返す。
          「え?それは…まあ…。ほら、勝手にしゃべるとむくれそうだから」
          あずみは、取りなそうとし、普段より饒舌になった。
           
          「むくれそうっていうのがらしいわよね」
          「可愛い方ですね」
          レディアとアリアからの追撃に、あずみは少し落ち着きを取り戻したようにふるまう。

           
          「ふーん?ボク会ったことある?」
          「どうかな」

          あずみは、普段からあまり感情を出さないクールな女の子だ。
          あまり自分が注目されるのも好きではない。
          しかし自分より年下の紅には優しかった。

           
          「んー、でもこのソファ、ホントに気持ちいい。
          レッチェがいつも寝転がってるの、なんか分かるわね」

          レディアは伸びをして、ソファを撫でた。
           
          「へえー、いつも寝転がってるんだ?」
          「大体、拠点に居るときはここで寝転がってるよね、レッチェ」
          「らしいよ?」

          紅からの返事を聞き、あずみは、何か含みアリアに告げる。
           
          「そう言われると…何だか彼の香りがしそうですわ」
          「香り?」
          「彼、いい匂いなんです。何か香水とかつけているわけじゃないんですけど」
          「やだ、アリアちゃんたら!」
          ふふふと、また優しく微笑むアリア。
          「付き合い長いんだっけ?」

          あずみの問いにアリアは、
          「はい。私が4歳、彼が3歳の時からの付き合いですから。
          もう何年になるでしょう…」

          「素敵ね〜。私もオリビアとは長いつもりだけど、
          そんなに幼い頃から知り合ってたわけじゃないし…」

          「レディアの所はね」
          「熱々っぷり。私も知っていますよ」
          「ラブラブだよね」

          紅まで、2人の仲を熱い熱いと、分かってるみたいです。
          「紅は?誰か好きな人いないの?」

          あずみは、まだ話の出ていない紅について聞きたくなりました。
           
          「ボ、ボクは別に…」
          「あら」
          「本当!」
          「いるんじゃん」

          同じチーム内のレディアも気づかなかったようで驚きますが、
          誰か好きな人がいるのは良い事だわ。と、自分の事のように
          嬉しくなりました。

          「ま、前…!前の話だよ…!」
          「ふふふ」
          「誰かしら?」
          「誰かなー?」

          少し意地悪くなる3人。
          「ボクの事はいいから!皆の事聞かせてよ!」
          紅は恥ずかしさから、他に話題を変えようと必死になり。

           
          「そうねえ。そういえばオリビアは…」
          紅を見てレディアはそっと話題を変え、
          (後で聞かせてね)と。
          仲の良い2人だからレディアは気にしてくれるけど、
          紅は余計に、
          (言えないよ!)
          と困ってしまう。

           
          そんな紅の恋心、打ち明ける日がくるのだろうか?

           
          熱帯地域に位置するSECHSハウスは、春の日差しとは程遠い、
          夏の暑さの様な日差しが大きな窓からカーテン越しに入ってきている。

           
          女の子達は、部屋で涼みながら、今日は恋の話に花を咲かせる。
           
          いつまでたっても尽きないおしゃべりに、
          日差しは、あっという間に夕暮れへと変わるのだった。






          Fin



          _________
          ⋆あとがき⋆
          女同士、女子会はシリーズ化して書いていきたいと思います(*^^*)

           
          やる気に繋がります
           
          ブログ村・ブログランキングのクリックよろしくお願いします(*´▽`*)

           

           

          JUGEMテーマ:ファンタジー小説

          JUGEMテーマ:小説全般

          JUGEMテーマ:ショート・ショート

          JUGEMテーマ:イラスト

          JUGEMテーマ:イラスト、、★

          JUGEMテーマ:創作イラスト

          JUGEMテーマ:芸術

          JUGEMテーマ:illustration

          JUGEMテーマ:絵・イラスト・挿絵

          JUGEMテーマ:創作活動

          JUGEMテーマ:短編小説

          JUGEMテーマ:ショート・ショート


           

           

           

           

           


          SECHS1短篇小説〜バレンタイン。

          0

             

             

             

             

             

             

             

            続きを読む >>

            | 1/3PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>

            *カウンター*



            このブログの、文章またはイラストの 無断転載・無断使用は禁止します。
            キャラクターの無断使用・無断引用は禁止します。




            ⋆ブログランキング⋆
            にほんブログ村 にほんブログ村へ




            *メールフォーム*

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM