SECHS★短篇小説〜君と僕2。

0

     

     

     




    『君と僕2』

     

     

     

     

     

     







     放課後、聖架は他の班の子達と一緒に教室の掃除をしていた。

    早く終わらせて帰りたいと、ぼやく子や、丁寧に机を拭く子。聖架はというと…。
     

     

    「涼、今日さあ。涼の家で宿題しねー?」

    「いいよ」

    「あ。俺も!ついでに、涼に勉強教えてもらおっかな」

    「それいい!最近宿題多すぎなんだよなー」

    「うん!じゃあ帰ろう!」

    風見涼と、クラスメイトの男子2人が、一緒に帰っていった。
    あの2人は葉山純(はやまじゅん)と城崎海士(しろさきかいし)の2人だ。
    涼と純は小学校の頃から。海士とは中学になってから仲良くなったようだ。
    聖架は、その2人の事はそこそこに付き合いがある。
    だが、涼と一緒に帰っていく様を見て、あまり面白くは無かった。

    「聖架!ぼーっとしてないで、さっさと掃除してよ!」

    「…分かったよ」

    クラスメイトの女子にそう言われ、さらに面白く無くなった。
    それでも、箒を持った手を動かし始めた。

    (はあ。僕も涼と宿題したい…)

    周りの女子達は、また聖架が涼の事考えてるー!とクスクスと笑っていた。

    周りがはやし立てるのにも、もう慣れた。
    と言うか、涼が傷つかないのなら、それで良かった。
    涼は。
    黒髪で綺麗なグレイの澄んだ瞳をしている。
    少し背は小さめだけど、それでも僕よりはまだ大きいかな。
    僕は予定では涼よりも高くなるつもりだし…。
    涼は凄く頭が良くて、成績も学年でいつも1位だ。
    女子からも好かれているし、男子の友達も多い。
    そんな涼の近くに行きたいのだが、僕の気持ちを知られてからは、
    周りが騒ぐのもあってか、中々近くにいけない。
    昔はよく遊んでいたのに…。
    それに、最近涼に不幸があってから、側で力になりたいと思っているのに、
    やっぱり側へと行けないのだ。…上手くいかない…。



     

     

    「バイバーイ!」

    「また明日―!」

    掃除の終わった班から、次々に帰っていく。

    聖架も掃除を終わらせ、ようやく帰り道に着いた。
    聖架のマンションは、涼の家と途中の道までは一緒だが、その後は反対方向だ。
    ある理由でこの街へ来たのは小学生の頃。
    この街で初めて出来た友達が涼だった。
    聖架は道草をせずに真っすぐ、その分かれ道まで帰って来た。

    そうして。

    「涼の家は向こう…」

    やっぱり、涼に会いに行きたい。で
    も、今押しかけたら迷惑かな…。そんな事を想っていたら後ろから声をかけられた。

    「聖架。こんな所でなにやってるの?」

    聖架は、後ろを振り返った。

    「聖亜か…。今帰りなの?」

    「そ」

    聖亜は聖架の双子の妹だ。
    聖架と同じ茶色の髪をポンパにして、後ろ髪を伸ばしている。

    「まーたこんなところで悩んでる…」

    聖亜は聖架が何で悩んでいるか、お見通しだ。

    「いいだろ。別に…僕が何で悩んでても…」

    「そういうわけにはいかないわね。

    今その暗―い顔のままで家に帰ってこられても、
    私と聖架、2人しかいないのに。こっちまで暗くなっちゃう!」

    「なんだよ」

    「思いつめてる暇があったら、さっさと行ってこれば?」

    「う…」

    「可愛い涼ちゃんが、他の子と仲良くしてるよー?いいのかなー?」

    「い、良いわけないだろ!」

    「あはは、じゃあ行ってこれば?」

    半ば妹に煽られた訳だが、聖架は決心がついたようだ。

    「じゃあ、夕飯までには帰るから」

    「はーい!いってらっしゃーい!」

    にこにこと、笑顔で聖亜は見送ってくれた。

    聖架は、歩き出した。歩いているうちにだんだんと早足になって、気づけば走り出していた。


     

     

     

    ピンポーン。

    「誰か来たみたい。2人とも待ってて 」

    「おう」

    「うーん。やっぱり難しー。なあゲームしていい?」

    「ダメだよ。ちゃんと宿題終わってから」

    「ちぇ」

    涼は、リビングのテーブルで、3人して宿題を広げていた。
    純も成績は上位の方で、スラスラと宿題を終わらせていく。
    海士は、どちらかというと勉強は苦手で、頭を使うよりも、身体を動かす方が得意だった。
    もう宿題には飽きていて、涼の家に置いてあるゲーム機で遊ぼうと、
    意識を向けていた。涼はすっと立ち上がり、玄関の方へと向かった。

    「はーい」

    「…こんにちは」

    「聖架!…どうしたの?」

    「あ…。その…」

    意気込んで来たものの、実際に涼を目の前にすると、
    前ほど上手く喋れていない自分に気づいた。そんな聖架を見て、涼は。

    「上がってく?純と海士が来てて、一緒に宿題してるんだ。聖架も一緒にする?」

    可愛い顔でそう聞かれて、聖架はますます緊張してしまいそうだった。
    でも、涼のお誘いに、聖架は満面の笑顔になっていた。

    「うん!」

    聖架の返事を聞いて、涼は聖架を出迎えた。

    (涼…優しい…。前に戻ったみたいだ。やっぱり来てよかったな)

    聖架は涼の後ろをウキウキしてついていった。

    「お待たせー。聖架が来たよ!」

    「あ!聖架だ!」

    「うわ!聖架じゃん!」

    約1名の反応が気にはなったが、それでも純と海士は笑顔で迎え入れてくれた。

    「みんな、どの宿題してたの?僕もするよ!」

    「おー」

    「あ、そういえば明日俺当てられそうなんだよ!やべー!ゲームしてる場合じゃなかった!」

    「あはは」

    聖架は自然とみんなと仲良く過ごしていた。

     

     

     

    「あ!みんなもうこんな時間だよ」

    「ホントだ」

    「マジだ!くそー、宿題は出来たけど、今日全然遊べなかったじゃん!涼、今度は遊ぼうな!」

    「うん」

    純と海士が片付け始めた。
    聖架はまだ涼と一緒に居たかったけど、今日は帰ることにした。

    涼が3人を玄関まで送る。

    「ありがとう。純、海士。今日は楽しかったよ」

    「ああ、じゃあまた明日な。涼!」

    「じゃあな!」

    「ばいばい」

    純も海士も途中まで一緒に帰っていった。
    聖架は2人が行くのを少し待って。涼と2人になった。

    「涼」

     「何?聖架」

    涼の方からは何も言わない。

    「聖架。久しぶりに遊んだね」

    「うん…」

    (勇気を持つんだ、僕…)

    「涼…。最近どうしてたの?」

    「ん」

    「涼…今、1人なの?」

    「…」

    「僕…君の為なら何でもするよ。力になりたいんだ」

    聖架は最後の言葉は力を込めて伝えた。

     「聖架…ありがとう。でも、俺…」

    涼は少し俯いたが、すぐに聖架の顔を見た。

    「俺…今、1人じゃないよ」

    「え…」

    「…ありがと…聖架…俺、大丈夫だよ」

    「涼…」

    聖架はそれ以上は聞けなかった。

    本当に涼は優しい笑顔でそう答えてくれた。
    涼の笑顔を見ていたら、それ以上聞かないでとも思えたし、
    今は本当に大丈夫なんだとも思えた。
    聖架には、まだその涼の笑顔の答えは分からない。
    それでも。聖架は涼を信じることにした。

    「涼…僕、いつでも力になるよ!本当に。じゃあ、また明日。学校でね…!」

    聖架はそれだけ言って、走った。
    途中、涼の方を振り向いて手を振った。
    涼もまた、聖架が見えなくなるまで手を振ってくれていた。

    「ありがと…聖架」

    涼は聖架が見えなくなってから、少し空を見上げた。
    もう日が落ちかけて、いて空は綺麗な夕焼けのグラデーションを創っていた。


     

     

     聖架は帰り道、急いでいたわけでもないのに、走っていた。
    走りたい気分だった。何だか自分が知らない涼がいる気がして。
    さわさわした。それでも、昔と変わりない、
    いや昔よりももっと優しいような笑顔を見せてくれた涼。
    近づきたいのに近づけない、そんな感じだ。
    それでも、また明日学校で会える。その時はまた。
    君は同じ笑顔を見せてくれるだろうか?

    「また明日…涼…」

    聖架は空を見上げた。もう星が輝き始めている。
    早く明日にならないだろうか。近くて遠い君に。早く逢いたい。




     

     

     

     

     

                                   F顳




     

     

     

     

     

     

    君と僕1



    にほんブログ村 にほんブログ村へ



     

    JUGEMテーマ:短編小説






     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    *カウンター*



    このブログの、文章またはイラストの 無断転載・無断使用は禁止します。
    キャラクターの無断使用・無断引用は禁止します。



    *ABOUT*
    ★初めに・お品書き★
    ★ブログ・ストーリーの登場人物★
    ★お話の目次。★
    ★お知らせ★






    ⋆ブログランキング⋆
    クリックしてもらえると喜びます(*'ω'*)
    にほんブログ村 にほんブログ村へ





    PVアクセスランキング にほんブログ村

    ***

    *メールフォーム*

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM